【シュレッドチーズ】ユニオンチーズの「パルメザン入りミックスチーズ」!セルロースフリーでおいしい!

【シュレッドチーズ】ユニオンチーズの「パルメザン入りミックスチーズ」!セルロースフリーでおいしい!

(2022年7月20日更新)

とろけるチーズを買う時、原材料をみると「セルロース」という文字がある時があります。

セルロースは、チーズ同士がくっつかないようにしたりする役割があります。

 

「かさ増し」として使われている場合もあるという説もありますが、定かではありません。

しかし、いくつもの市販のとろける系チーズを食べた時、セルロースが入っていないほうが確実に好きでした。

 

今回は、そんなセルロースの入っていないミックスチーズユニオンチーズの「パルメザン入りミックスチーズ」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

ユニオンチーズの「パルメザン入りミックスチーズ」はどんなチーズ?

「セルロース不使用」という文字に惹かれて買いました。

セルロースが入っていると、やっぱり味が薄いような気がするからです。

 

下のほうに、「ピザ、オムレツ、グラタンなどに」と書かれています。

こういう文字も、使いみちのイメージがふわっと広がって、好きです。

 

裏面には、パルメザンチーズ3%配合、と書かれています。

パルメザンチーズは、風味が豊かでおいしいですよね。

 

種類別は「ナチュラルチーズ」です。

原材料は、生乳と食塩のみの「ナチュラルチーズ」と記載されています。

 

このシンプルな原材料だとおいしいことが多いです。

200g入りで、税抜328円です。

 

<スポンサーリンク>

セルロース不使用のほうが高確率でおいしい!味が濃厚でコクがあり、本格的なチーズの味が楽しめる!

シュレッドの形状なので、料理の上にパラパラとかけられます。

今回は、レンチンした、冷凍ナポリタンスパゲティの上にかけ、オーブントースターに入れて溶かして食べてみました。

 

こんがりと焼き上がり、かなりおいしそうです。

 

 

ナチュラルチーズそのものですから、味が濃厚でコクがあります。

とてもおいしいです。

 

セルロース不使用のとろけるミックスチーズは、現在は普通のスーパーにはあまり無いです。

圧倒的にセルロース使用のものが多いです。

 

価格のこともあるので、料理の予算的にセルロース入りにせざるを得ないときもあります。

しかしおいしさを考えると、できるだけセルロースがないほうがいいのが正直なところです。

 

セルロースが入っているかいないかは、パッケージの裏の「原材料」欄を見るとわかります。

買うときにチェックしてみてください。

 

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、セルロース不使用のシュレッドミックスチーズ、ユニオンチーズの「パルメザン入りミックスチーズ」についてお伝えしました。

 

食パンの上にたっぷり載せて、チーズトーストにしても最高でした!

 

セルロースが入っていないナチュラルチーズのミックスチーズだと、高確率でおいしいです。

原材料欄もチェックしてみてください(^^)/。

 

★関連:【素朴な疑問】普通のスライスチーズを焼いたらとろけるの?キャンディチーズは?

★関連:ほんとうに美味しい!おすすめのとろけるチーズ!蔵王シュレッドチーズ!

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

error: Content is protected !!