【魚】ヒメダイ(姫鯛)の旬はいつ?おいしい食べ方は?(オゴダイ)

【魚】ヒメダイ(姫鯛)の旬はいつ?おいしい食べ方は?(オゴダイ)

(2020年10月28日・2021年2月2日更新)

「姫鯛(ヒメダイ)」という、姫という文字がついたお魚がいます。

名前からしてお上品なかわいい魚なのでしょうか(^^)。

今回は「ヒメダイ」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

ヒメダイはどんな魚?どこで多く取れる?

ヒメダイはフエダイの仲間になります。

「ヒメダイ」が標準和名です。

 

オゴダイとも言います。

 

見るとたしかに鯛の系統のお魚だな、と思います。

 

淡い桜色のような、ブルーやグレーも入っているような、なんとも渋いおしゃれな色合いをしています。

ちょっとヘダイみたくメタリックな感じもあります。

★関連:ヘダイ(平鯛)はどんな魚?旬はいつ?おいしい食べ方は?

 

体型もシュッとしていて、尾びれは長く、渋めの上品な着物やドレスを着ているような、昔のお姫様のような印象を持ちます。

小顔なのもポイントかもしれません(^^)。

「姫鯛」と呼ばれるのはわかるような気がします。

 

東京都の伊豆諸島や小笠原、鹿児島県、沖縄県に多い魚です。

高級な部類に入る魚なので、ふだんスーパーにはなかなか出回らないようです。

でも、生協のスーパーなど、ごくまれに売っているのを見たことがあります。

 

<スポンサーリンク>

ヒメダイの旬はいつ?おいしい食べ方は?

ヒメダイの旬春から初夏とされています。

しかし、年間通じてあまり味は変わらないとも言われています。

冬でも普通に流通したりしています。

 

ヒメダイが、そもそも味が上品でおいしい魚なので、鮮度がよければ味はほぼいいと思います。

 

↑寿司職人「イシ」さんの華麗な捌きと、美しいお寿司をどうぞ(^^)。

 

この魚は大きさからして、さばくのはさほど難しくないと思います。

(でも高級なので1本買いそのものがなかなかできないですよね(^_^;))。

 

 

 

おいしい食べ方のひとつは、刺し身です。そしてお寿司でしょう。

淡白で上品な味わいで、甘みがあります。

 

ほどよい弾力で、食感もいいです。

旨みがあり、刺身で食べるのはおいしいですよ。

もし機会があればぜひ食べてみてください。

 

また、鯛類は焼き魚がおいしいですが、このヒメダイも焼き魚がおいしいです。

鯛類は皮と身の間にある脂のようなもの(?)がかなり味わいがいいんですよね。

 

切り身で売っていれば、あとは塩をふって焼くだけでごちそうになります。

 

  

今回はハーブソルトをふりかけ、たっぷりのオリーブオイルで焼きました。

身が分厚いので、中まで火を通すためにも、白ワインをふりかけて、フタをして蒸し焼きしました。

皮が丸まってしまうので、切れ目を入れてあります。

 

食感にかなり弾力があり、プリプリとしています。

加熱してもパサパサしておらず、ジューシーでおいしいです。

 

皮のきれいな色は消えてしまいますが、味はほんとうにおいしいです。

私は、刺身よりもこのソテーのほうが好きでした。

 

ハーブソルトは以下のリンクをご覧ください。↓

★関連:【生活クラブ】「香るミックスハーブソルト」は万能なおいしい調味料!!肉や魚に!

 

アラが手に入れば、ぜひ汁物でどうぞ。

味噌を使ったアラ汁はいいおだしが出ます。

 

シンプルな味付けの潮汁もとてもおいしいです。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は「ヒメダイ(オゴダイ)」についてお伝えしました。

見た目も味も上品な、なんともいえない魅力のある鯛です。

かわいさと上品な印象が甘鯛に共通しているような気がします。

★関連:「甘鯛(アマダイ)」の旬はいつ?どんな食べ方がある?

 

とてもおいしい魚なので、機会があればぜひ食べてみてください(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!