【新生酪農】「シュレッドチーズ」がおいしい!セルロース不使用がうれしい!(ユニオンチーズ/生活クラブ)

【新生酪農】「シュレッドチーズ」がおいしい!セルロース不使用がうれしい!(ユニオンチーズ/生活クラブ)

今回は生活クラブ生協で扱われている新生酪農「シュレッドチーズ」についてお伝えします。

セルロース不使用のシュレッドチーズです。

 

製造は「ユニオンチーズ」です。

一般のスーパーでもセルロース不使用のシュレッドチーズを買ったことがありますが、ユニオンチーズ製でした。

★関連:【シュレッドチーズ】ユニオンチーズの「パルメザン入りミックスチーズ」!セルロースフリーでおいしい!

 

セルロース不使用にこだわったチーズは食感に違和感がなく、おいしいことが多いです。

おいしいものを使って食べるのが好きなので、セルロース不使用のチーズを買うことが多いです。

<スポンサーリンク>

新生酪農「シュレッドチーズ」はどんなチーズ?

生活クラブ生協で販売されている「シュレッドチーズ」です。

パッケージの全体的な雰囲気が、昔の喫茶店みたいで親しみやすいです(^^)。

 

表面には、「粉チーズ(パルメザンチーズ)を3%添加して美味しさアップ!」と書かれています。

 

さらに上部には「国産ナチュラルチーズを20%配合しています」とあります。

国産のナチュラルチーズが使われているのはなんとなく安心感があって美味しそうです。

 

原材料は「ナチュラルチーズ」です。

生乳はオーストラリア産、国産、ニュージーランド産と食塩です。

 

原料がシンプルです。

 

販売者は「新生酪農」です。

製造は「ユニオンチーズ」です。

 

<スポンサーリンク>

新生酪農「シュレッドチーズ」はコクのある濃厚な味わい!おいしいとろけるチーズ!!

「結着防止剤(セルロース)を使用していません」と書かれています。

チーズの場合、お互いがくっつかないためにセルロースを使っていることが、日本国内のシュレッドチーズでは多いです。

 

「要加熱」となっています。

加熱しないでつまんだことは何回もありますが、やはりあまりおいしくないです。

溶けるチーズは溶かして熱々のうちに食べるのが本当においしいです(^^)/。

 

パンに載せました。

よく見ると、色合いが違うのです。

 

各国産の生乳を使っているからかわかりませんが、この「シュレッドチーズ」は色が一定してません。

ちょっとおもしろいです。

 

ここからトーストしていきます。

 

  

こんがり焼けると、とてもおいしそうにとろけています。

食パンもお気に入りのものであれば、なおいっそう美味しくてテンションが上がります。

 

熱々の状態ですと、けっこう伸びます。

 

濃厚でコクがありおいしいです。

この濃厚さとコクを味わってしまうと、ナチュラルチーズの溶けるチーズはやめられません(^^)。

 

パンだけでなく、グラタンやドリアにももちろん使えます。

 

オニオングラタンスープにもいいですよね。

 

溶けるチーズはアツアツを食べるのがおいしいです。

やけどには十分気をつけながら、おいしさを楽しみたいですね(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は新生酪農「シュレッドチーズ」についてお伝えしました。

濃厚なコクのある、セルロース不使用のおいしいチーズです。

 

このタイプは生活クラブ生協での扱いですが、一般のスーパーでもユニオンチーズ製は販売されていることがあります。

セルロースを使っていないほうが、おいしいことが多いのは確かです。

 

ピザトーストやグラタンが好きな方にはおすすめですよ(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!