【魚のおいしい部位】魚の「カマ」を見つけたら絶対に買おう!塩焼きがおすすめ!

【魚のおいしい部位】魚の「カマ」を見つけたら絶対に買おう!塩焼きがおすすめ!

(2021年3月1日更新)

お魚売り場で、普通の切り身ではない、「カマ」を見たことはありませんか?

知っている人は知っている、焼いたり煮たりすると非常においしい魚の部位です。

 

「カマ」は、1匹の魚から2つしかとれない、”希少部位”とも言えるところです。

今回は魚の「カマ」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

魚の「カマ」とは?

魚の部位の名前である「カマ」は、魚売り場で、切り身や刺身ではない「ぶりカマ」とか 「カンパチ(カマ)」などと表示されて売られています。

(ブリやカンパチだと、人気商品なので、ズラッと並んでいることもあります。)

 

「カマ」とは、魚の頭そばの、エラの近くの部位です。

ここのみを売っていたりするのです。

 

ブリやカンパチで一つ300円くらい。1尾から2つしかとれません

けっこう人気の部位なので開店すぐに行かないと売り切れることも多いです。

 

こんな風に焼いて食べます。

 

甘辛く煮付けてもとてもおいしいです(^^)/。

 

 

切り身のようにすべて食べられるところではなく、骨が大きく存在します。

しかし、そこを箸などで繰り出しながら食べるのがおいしいのです。

 

身のほうの切り身にはない、脂の乗り具合と、複雑な味があります。

おいしいところに当たると、もうそれだけでテンションがあがり、幸せな気持ちになります。

 

なので、この「幸福」を知っている人は、「カマ」を見つけたら、速攻買うはずです。

切り身より、だんぜんおいしいからです。

 

<スポンサーリンク>

「カマ」を初めて食べるなら、「塩焼き」がおすすめ!

カマは、大きいものなら、煮付けもうまいのですが、すぐに食べたかったりするなら、「塩焼き」がいちばん簡単でおすすめです。

私のいつものやり方は以下の通りです。ご参考になさってください。

 

・カマは水洗いして、血合いや内臓的なものを洗い流す。

・キッチンペーパーで余分な水分を拭きとる。

・適当に全体に塩をまぶし、5分から10分おく。

(当日入荷の当日さばきの、すごく新鮮なものなら、あんまり置かなくてもおいしい!)

 

・魚から出た水分や塩をさっと流水で流す(あまりしっかり洗わないでくださいね)

・魚焼きグリルで、魚の大きさを見ながらこんがりと焼く。

(カンパチのカマで、身の方5分、ひっくり返して皮の方5分くらいです)

 

・後は食べるだけ!お好みで醤油や大根おろしを使ってください。

 

こんなに簡単でうまい料理はないと思います

魚の種類を変えて、2日に1回は食べたいです!(^^)

おすすめですよー。

 

※下の動画は、ブリでやってらっしゃいますが、やり方はほぼ同じです。

魚の大きさは個体差がありますので、適宜、様子を見て焼いてくださいね。

 

ほんとうに美味しそうに焼けてます。

 

何も難しく考えないで、「あ、カマだ、ラッキー!!」とすぐに買ってしまいましょう

誰かに買われてしまいますよ!(冷凍もOKです。)

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、魚の「カマ」についてお伝えしました。

こんなに、安くてうまいものはそうそうありません!

 

お魚をあまり使ったことのない方におすすめしたいですし、ぜひこの記事や、ご紹介した動画を参考にしておいしい「カマの塩焼き」を食べていただきたいな、と思います。

私は最近カンパチのカマを手に入れたので、カンパチの話をしましたが、動画のような「ブリ」もおいしいし、シャケも最高です。マグロなんかもいいですよ!

 

 

こんな風に、通販でも売ってるくらいの、知る人ぞ知るおいしい魚の部位です。

安くてうまいし、扱いもそんなに難しくないのでおすすめです!

 

★関連記事:ステーキがいちばんカンタンでおいしい!メカジキはおすすめの魚!

★関連記事:イサキの刺身がおいしい!

★関連記事:「舌平目(シタビラメ)」は難しく考えず、ムニエルにして絶対においしい!

★関連記事:「サバ」は胡椒がめちゃくちゃ合うのです!

★関連記事:「しらす」と「ちりめん」の違い!わかると便利!

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

error: Content is protected !!