おいしいレトルトの「ミネストローネ」!コーミのミネストローネがおすすめ!

おいしいレトルトの「ミネストローネ」!コーミのミネストローネがおすすめ!

ミネストローネ」はカンタンなレシピですので、手作りされる方も多いと思います。

でも、レトルトですと、いつでも食べられるので便利ですよね。

急病だったり、忙しい時。また、遠方に住む家族へ送るのも喜ばれます。

今回は、とてもおいしくて評判のレトルト食品、「コーミ」のミネストローネをご紹介します!

<スポンサーリンク>

おいしいレトルトミネストローネは多数だけど、コーミのミネストローネはイチオシ!

ミネストローネのレトルトやフリーズドライのものは多数あります。

おいしいものはたくさんあるのですが、その中でもずば抜けておいしいと思ったのをご紹介します。

それは、「コーミ」というメーカーの、ミネストローネです。

このような外観です。2人前なので、けっこう量が入ってます。

とてもかわいくてほのぼのするパッケージです。(鶏と豚がいるのが若干気になりますが…。)

扱いは「生活クラブ」のみです。

パッケージにもあるように、「生活クラブ」のベーコンととりがらスープを使っているからです。

 

<スポンサーリンク>

コーミの「ミネストローネ」はどんなお味?

コーミ」は愛知県でケチャップやソースを作っている会社です。

「生活クラブ」生協向けにも作っています。

このケチャップは、ざっくり言いますと、トマトをそのまま加工して作っており、ここが他のケチャップとの違いです。

トマトそのまま、というのが味にストレートに現れるのか、誰が食べても「おいしい!」と言います。

そのままトマトを食べているような感じがするのです。

(現在は国産トマトオンリーのケチャップは休止中)。

 

おいしいケチャップを作っているメーカーのミネストローネは、やはりベースにあるトマトの味が一味違い、とてもおいしいです。

スープの見た目は調理したそのままの自然な色です。

キューブ状の野菜とこだわりのベーコンなどが入っています。

具のひとつひとつがおいしく、食べでがあります。

コクがあり、深みのある味わい。

 

原材料を見ると、トマトはトルコから輸入したものでトマトピューレーを作っているようです。

(国産ではなかったですね。)

他のジャガイモ、にんじん、セロリ、ベーコンは国産です。

 

国産であることはいいことかもしれませんが、それだけでおいしくなるとは限らないのが料理の不思議なところだと思います。

このミネストローネのトマトの濃いおいしさは、チリから輸入したドライトマトにあります。

他にも白ワインやチーズ、トマトペースト(「中国」と書いてある)、チキンエキス、オニオンエキス、と、おいしくなる調合を研究している印象があります。

 

いい材料を使えばおいしくできます。

でも、もう一歩踏み込んで、より食べやすくおいしくなるように研究されているところが、このミネストローネのおいしさの秘密ではないかな、と勝手に思いました。

私の周囲もこのミネストローネは好評で、ミネストローネそのものを食べない人でも、これは食べる、という現象も起こっています。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、「生活クラブ」生協で扱っているコーミ株式会社の「ミネストローネ」をご紹介しました。

以前は、缶入りで売られていましたが、そのままお鍋で温められるレトルトに数年前から変わりました。

野菜は国産で、トマト製品の輸入元は海外ではありますが、国産トマトの不作などの現状を見ると、致し方無い点もあると思います。

ただ、2人前である、というのがネックです。1人前で販売してほしいです。

 

この生協限定での扱いですが、とてもおいしいのでご紹介させていただきました。

買おうかどうしようか迷っている方におすすめです。

(※「生活クラブ」は味噌、醤油、塩、さとう、お酢、みりん、マヨネーズ、ケチャップなど、調味料がおいしいですよ。 )

★関連記事:すぐに食べられる「ボルシチ」をご紹介!(缶入りやレトルト、フリーズドライなど)

★関連記事:おいしいクリームシチューをレトルトやスープで簡単に食べよう!

★関連記事:おいしい「ポークビーンズ」のレトルトは回転備蓄(ローリングストック)にも!

 

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*