とり貝ってどんな貝?旬はいつ?どうやって食べる?

とり貝ってどんな貝?旬はいつ?どうやって食べる?

とり貝」を知っていますか?

身は、お寿司屋さんでよく見かけると思います。

でも、貝殻を見たことがある人は少ないかもしれません。

今回は、とり貝そのものと、旬、おいしい食べ方についてご紹介します!

<スポンサーリンク>

とり貝はこんな見た目の貝です!

(写真引用元:「三矢水産・楽天市場店」とり貝販売ページ) 

こういう貝を見たことがあると思います。

回転寿司でも見かけますよね。

 

では、とり貝の貝殻を見たことがありますか?

 

こんな見た目の貝です。

大きさは6センチから7センチ。

なんだか半開きで、中身が見えて、スカスカな感じがして、重量も軽いです。

貝は割れやすく、貝同士がぶつかると、「カラカラ…」とこもったような、乾いた音がします。

 

でも、国産のとり貝はなかなか高級です。

1個100円以上はします。

この大きめの貝1個から、あの寿司の1貫分です。要するに1枚です。

 

なので、国産のものを、回転寿司では使用してないと思います。

中国や韓国からの輸入もありますので、「輸入物」だと思います。

 

<スポンサーリンク>

とり貝の旬はいつ?

2枚貝は、春が旬のことが多いです。

とり貝も、4月から5月が多く取れます。

(丹後で特別に育成しているような「ブランド」とり貝は、5月から7月だそうです。)

 

おいしい食べ方は?

とり貝はカンタンに開けられます。

とり貝の特徴である、墨色のような黒い部分は「ハク」と呼ばれます。

別名「オハグロ」。面白いですよね。

 

(写真引用元:「レトロ・アンティーク歯科の世界」より。 

小林清親という、明治期に活躍した浮世絵師の作品です。

 

まな板で直接切ったりすると、あっという間に白くなってしまいます。

少々の摩擦で「ハク」が取れてしまうのです。

私がとり貝初見で酒蒸しして取り出したとり貝です。

瞬く間に黒い「ハク」が取れてしまった、「失敗例」です。

みなさんもお気を付けくださいー(;^_^A。

「ハク」とは、金箔のような、薄くてはかないものから来てるのかな、と思いました。

 

美味しい食べ方は、新鮮ならば「刺身」がいいそうです。

しかし、上にご紹介したプロの解説によると、サッと湯通ししてからの方が甘みが増すそうです。

輸入物で安く売っているとり貝は、湯通し済です。

回転寿司で比較的安く食べられるものも、湯通し済のはずです。

 

他には天ぷらもおいしいです。

小さいものは佃煮にしてしまうといいですよ。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、薄墨色のシックな貝、「とり貝」をご紹介しました。

あの「処理済」状態の貝はよく見ますが、貝殻の状態は私も最近知りました。

黒い部分は「ハク」と呼ばれ、「オハグロ」とも呼ぶ、というのも面白いです。

まな板にラップやビニールを敷かないと、あっという間に黒い「ハク」が消えてしまうことは、覚えておいたほうがいいかもしれません。

 

 

↑ストラップもあったりして、楽しいですね。

 

味は鶏肉に似ているから、という語源説もありますが、確かに味は上品で淡白ながら、コクもありおいしい貝だと思います。

国産はなかなか高いですが、輸入物も十分おいしいと思います。

お寿司屋さんで見かけたら食べてみてください!

★関連記事:はまぐりの旬はいつ?

★関連記事:赤貝の旬はいつ?赤貝の身はなぜ赤いのか?

★関連記事:「イタヤ貝」を見つけたらラッキー!

★関連記事:「トコブシ」と「アワビ」の違いは?

★関連記事:「牡蠣」は夏には食べられない!?

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*