カイワリ(貝割)はあったらラッキーな安くておいしい魚!旬やおいしい食べ方は?

カイワリ(貝割)はあったらラッキーな安くておいしい魚!旬やおいしい食べ方は?

カイワリ、という魚を知っていますか?

釣りの世界ではよく見かける魚だそうです。

見た目は、「シマアジ」とか「マナガツオ」とかに似ています。

普通、お店ではあまり見かけません。

 

めったには見かけないけれど、そんなに高くなくておいしい魚なんですよ!

もし売っていたらラッキーな魚です。

今回は「カイワリ」についてお伝えします!

<スポンサーリンク>

カイワリはこんな魚です!

日本では、本州を取り巻く沿岸海域に多く生息している魚です。

釣りではけっこう釣れる魚だそうです。

主な産地は 長崎県、大分県、三重県、神奈川県、鹿児島県、和歌山県などです。

魚市場ではあまりみかけない魚です。

なので、魚屋にもめったに現れません。

 

大きくても体長40センチくらいです。

40センチほどになると「高級魚」の範囲です。

 

これより小さいものは「惣菜魚」といって、一般のおかず向けの、安価な値付けがされます。

私が買えたのも30センチほどでした。

しかし、写真のように、タイに似た形で、幅が広いので大きく見えます。

そのかわり、厚みはあまりない魚です。

大きさだけは、普通のアジよりも大きいです。

 

価格は500円もしません。

シマアジやマナガツオと違うところですね。

 

<スポンサーリンク>

カイワリの旬は?

カイワリの旬は、とくにないとされています。

産卵前の夏ではないかという説があります。

でも通年釣れる魚で、どんな時でも美味しいらしいです。

なかなか魚屋に出回らないから、確認のしようがないですね(;^ω^)

よく釣る人ならわかるかもしれません。

でも本当にいつでも美味しいそうですよ。

 

カイワリのおいしい食べ方は?

アジ科の魚の中でもとてもおいしい種類の魚です。

なので、新鮮なうちに「刺身」で食べるのがいちばんです。

煮たり焼いたりなんてとんでもない!と言う人もいるくらいです。

 

うすい体型なので、3枚におろすのは難しいのかな…と思いますが、そうでもありませんでした。

アジと同じやり方でOKです。

 

全くキレイに盛り付けていませんが(;^ω^)。

 

銀に光る部分などは、アジ系の魚そのもので、脂が乗っていて非常に美味しかったです。

こういう魚は、刺身用に皮をひくとき、できるだけ銀色の部分が残るといいんですよね。

(三重や広島、愛媛あたりでこの魚を「メッキ」と呼ぶそうですが、「銀メッキ」を貼ってる、という感じの銀色をしているからかもしれません。)

 

↑こんな風に、「タタキ」風にして食べるのもおいしかったです。

 

アジ系の青魚は九州の甘口しょうゆが合いますよ!

私はマグロは普通の丸大豆しょうゆで食べますが、アジ、カンパチ、ブリは甘口しょうゆで食べます!

 

 

「焼くな!」と言われても、「焼き魚」も絶品です!

生魚が苦手な家族には、ぜひ「焼いて」出してあげましょう(^^)/。

アジよりも脂がのっていて、身もやわらかく、パサつくことなく、非常においしかったです!

 

もし小さいのがたくさん手に入ったら、フライもいいのではないかと思います。

カイワリのフライはおいしいと思いますよ!

 

身も柔らかくて味はクセが無く上品なので、アクアパッツァなど、イタリアン的に使ってもいいと思います。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は「カイワリ」についてご紹介しました。

市場への入荷がそもそも少なく、お店ではなかなか買えないものですが、決して高くはないお魚です。

もし見かけたら、かならず買いましょう!(^^)!

アジが好きなら、絶対においしいと思うと思います。

釣りに行った人から、もしおすそ分けがあれば、超ラッキーですね。

 

なかなか出会えない魚ですが、必ずおいしい、間違いない魚です。

もし手に入りそうなら、ぜひ食べてみてください!

★関連記事:カンパチには天然ものと養殖ものがある!それぞれの旬はいつ?

★関連記事:アジ(鯵)の旬はいつ?おいしい食べ方は?

★関連記事:伊豆諸島でよく獲れる「タカベ」!旬はいつ?おいしい食べ方は?

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*