キンキ(キチジ)はどんな魚?キンキの旬はいつ?おいしい食べ方は?

キンキ(キチジ)はどんな魚?キンキの旬はいつ?おいしい食べ方は?

「キンキ」は正式名を「キチジ」と言います。

金魚のように赤く、愛嬌のある顔をしたかわいらしい魚です。

最近は人気があって高級魚になっています。

今回は「キンキ」の旬や、おいしい食べ方などをお伝えします!

<スポンサーリンク>

キンキ(キチジ)はどんな魚?

(写真引用元:セコム「美味食材」ページより)

水深150~600mの深海にいる魚です。

だから、お目めがおおきくてかわいいです。

 

カサゴの 仲間です。

確かに、何となくカサゴと同じく「煮つけ」によさそうな見た目をしています。

体長は20センチくらいをよく見かけます。

かなり大きいのは高級寿司や料亭に行くのではないかと思います。

 

スーパーでもめったに見かけません。

デパ地下ならあるかもしれません。

 

もともと身体が小さいのに、頭が大きいので、3枚におろすと小さくなってしまう「歩留まり(ぶどまり)の悪い」お魚です。

なので、寿司ネタで見たら、かなり高級!と思っていただいてまちがいないです。

1キロ1万円を超える取引もされるそうですよ。

 

非常においしいので近年人気の魚です。

主に関東、東北、北海道で好まれています。

 

キンキは、日本海側の「ノドグロ」(超高級魚)と人気を2分しています。

なので、逆に日本海側では人気がないらしいですし、しかも日本海側では、キンキはほとんどとれないそうです。

 

<スポンサーリンク>

キンキの旬はいつ?

キンキの旬は、秋から冬です。

人が、ちょうど煮魚を食べたくなるころに、ちゃんとお店に現れてくれます(^^)。

 

でも、そもそもがおいしい魚ですので、もし秋から冬以外にも見かけても、まちがいなくおいしい魚ですよ。

 

キンキのおいしい食べ方は?

キンキは、煮魚がおいしいお魚です。

甘辛く煮る、オーソドックスな方法から、昆布だし・酒・塩という淡白な調味料で仕上げる「酒塩煮」という料理もあります。

お店では内臓を取って売っている場合が多いかもしれません。

もし肝があれば、それが残っているとほんとうにおいしいですよ!

 

 

↑酒、みりん、しょうゆ、砂糖で甘辛く煮ました。

身はくさみやクセは全く感じられません。

ほどよく柔らかく、パサつきはなく、食べやすい。

味はすごくいいです。

可能な限り食べつくしたあと、生姜を入れ忘れたことに気づきました。

でも、そんなこと全く関係ない!と言い切れるくらい、このお魚はおいしかったです。

 

お店で買った時、肝も抜いてありました。なので肝を味わうことはできませんでした。

今度は内臓もあるまま、まるごと買ってみたいです。

 

塩焼もおいしいです。

食べた後の骨に熱湯を注ぎ、そのお湯を飲むのは体にいいそうですよ!

(「骨湯(ほねゆ)」といいます。)

 

また、可能であれば「刺身」はおいしいです。

歩留まりは良くないので、刺身は貴重になりますね。

皮を湯引きする、「皮霜造り」という調理法は、皮の旨さも味わえて絶品です。

カワハギと同じように、肝があれば「肝醤油」がおいしいです。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は「キンキ(キチジ)」について、旬やおいしい食べ方などをお伝えしました。

とても小さくてかわいく、なかなかの高級魚ですが、ほんとうにおいしいお魚で、夕飯に食べると、その日のストレスが一気に飛んでいってしまいました。

おいしいものを食べることの大切さを改めて感じました。

ブランドキンキもありますし、一夜干しはおいしいですよ!

 

刺身や「酒塩煮」などの料理は未挑戦ですが、何回か、このお魚は食べていきたいと思います。

まだ食べたことのない方は、この魚はほんとうにおすすめですので、1度食べてみてください!

★関連:カワハギの旬は年に2回!安くておいしいカワハギは肝もおすすめ!

★関連:メバルは刺身もおいしい!旬はいつなのか?

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*