【花木類】キンモクセイ(金木犀)の花の咲く時期はいつ?花言葉は?

【花木類】キンモクセイ(金木犀)の花の咲く時期はいつ?花言葉は?

10月に入っても、まだ暑い日があったり、日差しもなかなか強く、季節感を感じられない日々が続くことがあります。

残暑厳しい9月の気分をそのままひきずって生活していると、そこに、ふっとある花の香りがさしてきます。

それが「キンモクセイ」の香りです。

この香りで「やっぱり秋は来ていたんだ~~(´▽`*)」と思えるんですよね。

今回は、「キンモクセイ」(金木犀)の花の咲く時期や花言葉についてお伝えします!

<スポンサーリンク>

キンモクセイの花の咲く時期はいつ?

 

キンモクセイの開花時期は、例年9月下旬から10月下旬です。

開花期間は短く、1週間ほどです。

 

キンモクセイの原木は中国から来ました。

雄の木と雌の木があるのですが、渡来した時に、雄の木しか入らなかったため、日本国内のキンモクセイは実を作らないそうです。

 

花の色はオレンジで、細かく愛らしい花を咲かせます。

なんといっても、キンモクセイの香りは独特の芳香です。

昔は、トイレの芳香剤に「キンモクセイの香り」ってよくありました。

子どものころはどうしてもそれを思い出して辟易したものですが、今では香りがすると嬉しくなります。

「ほんとに秋がやってきた」と思わされるからです。

 

東京の多摩地域では、10月に入って咲くことが多いと思います。

この香りは中国では食用や薬用としても活用されます。

 

<スポンサーリンク>

「キンモクセイ」はどれだけ大きくなる?

古くからあるお家の庭に、よく植えられていますが、大きさは10mまで大きくなるそうです。

 

 

 

上の写真は、近所の築20年以上は経つマンションの外側に植えられていたものです。

通りに面して、広くいちめんに植えられ、咲いていました。

 

キンモクセイの花そのものはとても小さく可憐なものです。

香りに気づいて、はじめてその木の存在に気づくことが多いです。

 

キンモクセイの花言葉!

花言葉は、ひとつの花に複数あることがほとんどですが、キンモクセイにもいくつかの花言葉があります。

「謙遜」

「気高い人」

「真実」

が主に使われる花言葉です。

 

可憐で小さい花ながらも、かぐわしい香りをはなち、人をひきつけ魅了する、キンモクセイの花の特徴をつかんでいるような花言葉です。

ひかえめで、かつ気高いからこそ「真実が見える」人、みたいな人物像を、キンモクセイから連想できる感じがします。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、花木類の「キンモクセイ」の花の開花時期や花言葉についてお伝えしました。

町田の桜の花や、オーストラリアにある2年にいちどしか咲かない「ジャラ」というユーカリの花アカシアの花レアなコーヒーの花などからのはちみつをご紹介したことがありますが、キンモクセイの花のハチミツなんてあるのでしょうか。

調べてみましたが、情報はみつかりませんでした。

もしかしたら、世界のどこかにはあるのかもしれませんね(^^)/。

 

はちみつを加えたハーブの「蜜酢」というビネガーに、キンモクセイの香りが添加されているものはありました。

生活の木 ハーブ蜜酢 キンモクセイ 50ml(リンゴ酢、はちみつ、キンモクセイ)
生活の木 ハーブ蜜酢 【ローズ・ラベンダー・レモングラス・ローズマリー・キンモクセイ】50ml はちみつりんご酢・ハーブリンゴ酢

 

多くはありませんが、やはりキンモクセイは食用で一部使われているようですね!

★関連:はちみつ好きにはおすすめ!「ジャラはちみつ」のことを知ろう!

★関連:【ローソン・ウチカフェ】ハニーラテはおいしい!コーヒーの花のはちみつを使用!

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*