【期間限定】雪見だいふく「ハートのいちご」がかわいくておいしい!

【期間限定】雪見だいふく「ハートのいちご」がかわいくておいしい!

2019年12月から、期間限定で、雪見だいふく「ハートのいちご」が販売されています。

その名の通り、ハートの形の、いちご味の雪見だいふくです。

かわいくておいしいものは、お店で見るだけでもワクワクするし、ついつい買ってしまいますよね!

今回は、雪見だいふく「ハートのいちご」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

「雪見だいふくハートのいちご」のパッケージは芸が細かい!

ピンク色の、かわいらしい色合いのパッケージです。

「ハートのいちご」という言葉が、ほっこりするようなかわいらしさです。

キャラクターのうさぎもかわいいですよね。

降っている雪も、1個、ハート型のものがあります。(うさぎの近く。)

いちごのそばに添えられている、いちごの花もいいです。

デザインは4種類あるそうです。お店で確認してみましょう!

 

正面向かって左下の「あけくち」のマークも、いちごです。(ハートのパターンもあるらしいです。)

芸が細かく、凝っています。

こういう細かいところに気づくと、買ったこちらも楽しいので、メーカーさんにはどんどん芸を細かくやって欲しい…と思ってしまいます(^^)/。

(ちなみに、2020年1月の、通常の「雪見だいふく」のあけくちマークは、2重のハートでした。けっこうデザインは細かく変化しているみたいです。)

 

<スポンサーリンク>

「雪見だいふくハートのいちご」は、開けてすぐはハートには見えない!

開けてみると、なんと、ハート型ではありません!

そもそも、容器の、雪見だいふくが入っている型が、上から見るとハート型ではなく、いつものと同じ丸です。

どういうことなのか、一瞬わからなくなります。

 

でも大丈夫です。

ひっくり返すと、ちゃんとハート型になっています。

だいふくも、いったん出して、ひっくり返すと、上半分くらいがハート型になっています!

雪見だいふく全体がハート型なのではなく、半分くらいがハート型なんですね!

製造の都合上、こうなっているんでしょうね。

 

フタを開けて、外に出し、ひっくり返せば、きちんとハート型になっていますので、ちょっと手間かもしれないですが、食べる時はひっくり返してみましょう!

 

「雪見だいふくハートのいちご」は、ほんのり甘酸っぱい、おいしいいちごアイス!

中のアイス部分は、ほんのり甘酸っぱい、いちごアイスです。

オーソドックスな、イチゴアイスの味ではありますが、これが、おいしいんですよね。

 

「もち」部分(求肥です)も、きれいなピンク色で、いちごを連想させます。

野菜色素や紅麹が原料の色素が使われています。

「いちご果汁」や「果糖いちごピューレ」が使われ、イチゴ味を再現しています。

きちんといちごを使っているところが、このアイスのおいしさの秘密なんでしょうね。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、期間限定の「雪見だいふくハートのいちご」についてお伝えしました。

見た目がかわいらしく、味もおいしく、形はハート型で、価格は通常品と同じ、という雪見だいふくです。

おそらく、いちごの季節が終わるまで販売されるのではないかと思います。

「ひなまつり」あたりまでは、確実に買えそうです。

【ロッテ】雪見だいふく ハートのいちご 47ml×2個×25個

 

スーパー、コンビニ、ドラッグストアで売っているのを見かけました。

雪見だいふくも、どんどん期間限定品が出て、入れ替わりがけっこうあるみたいなので、お早めにどうぞ!

★関連:求肥(ぎゅうひ)って何?雪見だいふくにも使われているお菓子!

★関連:シンプルでおいしい「すあま」!何でできているの?どういうところで買える?

★関連:【素朴な疑問】「ギモーヴ」とマシュマロはどう違うの?ギモーヴもおいしい!(ホワイトデー)

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*